人気の格安SIM・格安スマホ・WiMAX・モバイルルーター選びに役立つ情報

格安SIMフリーのメリット・デメリット 格安SIM選びを間違えないために

格安SIMはスマホ利用代金を安く抑えるために注目されています。格安SIMフリーは近年、急激に普及されています。格安SIMにはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

格安SIMに乗り換えることで、毎月のスマートフォン料金を安くすることが可能になります。格安SIMのメリットやデメリットを考慮して、乗り換え後などに後悔しないことが大切になります。

格安SIMフリー

スマートフォンなどに利用されている小型のICカードをSIMカードといいます。SIMカードがなければ通信ができません。SIMカードには、個別のIDなどが記録されています。

SIMカードには数種類があり、利用する端末によりSIMカードに違いがあります。SIMカードには、SIMにロックが掛かっているものとSIMフリーがあります。

SIMロックと呼ばれるものには、大手携帯電話会社などがロックをかけているため、他社のスマートフォン端末などでは利用することができません。SIMのロック解除は携帯電話会社で対応してもらいます。

2015年5月までは、SIMのロック解除がをしてもらうことが難しかったのですが、SIMロック解除が義務化されて以降、格安のSIM業者(MVNO)に乗り換えすることが可能になりました。

そのため、大手よりも低料金でSIMフリー端末を利用することができます。

docomo(ドコモ)、au、SoftBankなどで契約した携帯電話やスマートフォンには、SIMロックがされている状態です。ロックを解除してもらうことで、SIMフリーの端末になります。

また、大手キャリアと同系統のMVNOを利用すれば、SIMロックを解除しなくても利用できます。

簡単に言えば、docomoで契約したスマホをdocomo系のMVNOで利用することができますが、au系MVNOではSIMをフリーにすることが必要になります。

格安SIMフリーのメリットやポイント

格安SIMフリーは、月額料金を安くすることができるのが最大のメリットだといえます。

ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアより格安の料金でスマートフォンが利用できることで注目されています。格安SIM(MVNO)とも自由に契約ができます。

ご自分に適した料金プランやデータ通信量で契約することで、通信料金は大手キャリアよりも大幅に節約することが可能です。キャンペーンなどもあり、特典も受けられることがあります。

端末とセットで購入することで、割引なども受けられることもありオトクになります。MVNOは数十社以上あり、料金プランを比較して検討することができます。

ご自分のニーズに合わせた、料金プランを選択することができます。

格安SIMも解約金や縛りがなくなる

2019年10月1日以降に利用開始日を迎えたお客様は、解約手数料が1,000円に制限されることになりました。大手MVNOをはじめ、3大キャリアと同じ規制になりました。

音声通話付きの契約などの違約金も、撤廃しているMVNOもあります。新規や乗り換えもしやすくなり、利用者が増えることが期待されています。契約期間の縛りなし・解除料なしで更にオトクです。

格安SIMフリーのデメリットや注意点

格安SIMを利用するにあたり、事前に注意点やデメリットも考えておくことが必要です。

携帯電話やスマートフォンなどで利用していた、大手キャリアのメールアドレスが利用できなくなります。ただし、yモバイルやuqモバイルなどは、大手キャリアに近い独自のメールアドレスを利用ができます。

ショップや店舗が少なくLINEでID検索ができないなどがあります。

また、大手携帯電話会社の回線をりようしているため、時間帯により通信速度が遅くなることや、通信制限が大手よりも厳しくなることがあります。

ただし、環境により変化するので全てが同じではありません。

デメリットもありますが、格安SIM(MVNO)業者も工夫しており少しづつ改善されているところもあります。使い方次第で格安SIMを利用することで、毎月数千円以上が安くなります。

利用されるMVNOによっては、スマホ代金が毎月2,000円台に抑えることも可能です。

おすすめ格安SIMスマホ